ラスター 販売店

ひざ下用のクリーム「ラスター(LusTer)」が購入できる販売店は?楽天?Amazon?

ラスター(LusTer)はひざ下の気になる黒ずみ用のクリームです。このラスターですがどこで購入することができるのでしょうか。どうせ買うなら最安値で購入したいところですね。

 

楽天やアマゾン(Amazon)では販売している?

 

楽天やアマゾン(Amazon)といった有名通販では店舗同士の価格競争があって、かなり安くこういった商品が手に入ることがあります。しかし、調べてみるとラスターは、楽天でもアマゾン(Amazon)でも現在のところは取扱っていないことがわかりました。

 

薬局

ヤフーショッピングやリクルートの運営しているポンパレモールなども調べてみましたが、やはりラスターは販売されておりませんでした。

 

楽天やアマゾン(Amazon)では販売がなく、マツモトキヨシやドン・キホーテなどの市販店舗で売っていることは、ほぼないので、この商品についても恐らくはそうだと思われます。

 

実際、近所の薬局に売っているか問い合わせてみた人もいるそうですが、結局取扱っていなかったそうです。

 

そうなってくると、ラスターが購入できるのは公式の販売サイトのみということになります。

 

定期コースだと30%オフで送料無料

 

ラスター

公式の通販サイトでは、通常の単体購入と定期コースがありますが、定期だと価格面で有利になります

 

どれぐらい有利なのかというと、30%オフなので、この差はかなり大きいのではないでしょうか。しかも通常購入が送料が別途発生するのに対して、定期では送料無料となっております。

 

定期コースでは月1回のペースでラスターが家に届きますが、申込するなら2回以上のご継続が条件となっております。

ラスター(LusTer)は黒ずみに悩む人におすすめの専用ケアクリーム

仕事する女性

黒ずみはなかなか体外へ押し出されない

 

仕事や子育てに追われていると足元のケアがおろそかになりがちです。

 

ひざ周りやくるぶしが黒ずんで角質化してしまったり、すねのムダ毛処理によるかぶれを繰り返した結果、ブツブツや色素沈着が起きてしまったなど悩みを抱えている人は少なくありません。

 

ひざ下は元々皮脂が出にくく乾燥しやすい部位であり、特に冷え性の方は血流も悪く代謝が落ちてしまうので、肌にとっては非常に過酷でターンオーバーが乱れてしまいます。

 

一度生じた黒ずみはなかなか体外へ押し出されずに居座り悩みの種となってしまうのです。

 

ラスター

黒ずみに悩む人におすすめのクリーム

 

ラスター(LusTer)は黒ずみに悩む人におすすめの専用ケアクリームです。メラニンの生成や蓄積を抑え、肌状態を良好に保ち健康な肌サイクルを取り戻すことが期待できる優れたクリームです。

 

お風呂上りやムダ毛処理後に片足に付きパール大のクリームを全体に伸ばしてマッサージするだけ。黒ずみが気になるところには重ね付けをするとよいでしょう。

 

ラスターは肌に優しいのでひざ下やくるぶしだけでなく、ひじやお尻の黒ずみなど様々なボディの悩みにも対応しております。

 

ラスターの有効箇所

 

ラスターが購入できるのは現在、公式のオンライン販売店のみとなっております。楽天やアマゾン(Amazon)では取扱っていないのでご注意下さい。


ラスター(LusTer)は医薬部外品

ラスター(LusTer)は医薬部外品に位置づけられております。医薬部外品とは医薬品と化粧品の間に位置づけられるものです。

 

医薬品は有効成分が医薬的効果を発揮することで病気や怪我を治療あるいは予防するものです。医療用医薬品は医師の処方箋が必要で、一般用医薬品は不要です。化粧品は美容目的で作られた商品のことです。

 

医薬部外品は医薬品ほど効果が強くはありませんが、有効成分が効果を発揮することが確認されております。主に治療ではなく予防目的で使われています。薬用化粧水や薬用石鹸など、医薬部外品には薬用という文字が入っていることも多いです。

 

医薬品と医薬部外品しか有効成分を記載することはできないので、化粧品との見分けは簡単に付きます。厚生労働省が認めた効果を持つ成分が含まれていますが、使う人の肌に合っていなければ使っても意味がないこともあります。

ラスター(LusTer)の使い方について

ラスターは朝と夜、1日2回の使用が基本です。夜はパール大程度のラスターを手に取り、ひざ下からくるぶしまで全体に包み込むように塗り込んでください。お風呂上がりのリラックスタイムに使用すると、皮膚に潤いと柔軟性、栄養分を保たせるエモリメント効果が高まることが期待できます。

 

朝の忙しい時間帯は集中ケアがおすすめです。あずき大程度のラスターを手に取り、ひざやひじ、くるぶしなど特に黒ずみが気になる部分に重ねづけしてください。もし長年にわたる頑固な黒ずみがある方には、朝・夜に加えて昼間の時間帯にもケアを行う使い方がおすすめです。

ひざ下の黒ずみの原因について

ひざ下の黒ずみの原因は、摩擦と乾燥です。ひざ立ちしたりピッタリ肌に密着したジーンズを穿いたりすると、ひざ下が擦れます。毎日少しずつダメージが加わることで、肌はダメージを抑えようと黒ずみの元であるメラニン色素を生成します。

 

特にひざ立ちはクセになっている人が多いので、意識していないと改善しません。乾燥で黒ずむのは、乾燥によるバリア機能の低下がダメージを受けやすい状態を作り、少しボトムスが擦れただけでもメラニン色素の生成を促進してしまうためです。

 

ひざは汗腺や皮脂腺など潤いをキープするものが少ないため、ケアしないとすぐカサカサになります。皮脂はニキビはテカリを引き起こすとして敬遠されやすいですが、皮脂の膜が肌表面を覆うことで摩擦や乾燥による悪影響を防いでいます。